ブログ いいよね!江別

江別シティプロモート推進協議会/北海道江別市の話題・情報・様子・地域PRの取組

イベント情報 歴史

展示会「写真で見るえべつの鉄道」2017.07.15~09.24江別市郷土資料館【北海道江別市】

投稿日:2017年7月27日 更新日:

「幌内鉄道」が開業した1882(明治15)年に江別駅が開設され、以降、石狩川や千歳川の舟運と、鉄路が交わる交通の要衝として江別は隆盛を極めました。

1889(明治22)年に開業した野幌駅には1930(昭和5)年に夕張鉄道が乗り入れ、その名残は今は通称「きらら街道」姿を変えています。

そのほか、江別と当別を結ぶ「江当軌道」や「江別発電所専用線」、「製紙工場専用線」もあり、当時の様子を記憶している方も多いことと思います。

江別市郷土資料館ロビー展「写真で見るえべつの鉄道」では、明治から昭和の時代を飾った蒸気機関車の勇ましい姿など50点を超える写真や、地図などで江別の鉄道の歴史を紹介しています。

夕張川鉄橋を渡る急行「阿寒」や夕張鉄道のキハ253など昭和30年代の写真や、「北海鋼機専用線」の機関車(協三製作所製)、北日本製紙江別工場の1号機関車(ナヌミス ウィルソン製)など、どれも鉄道ファンならずとも興味を引くものばかりです。

また、昭和初期の野幌駅を撮影した約4分間の16ミリフィルム(DVDにコピーしたもの)を閲覧することができ、ここには、C50型やC51型蒸気機関車などの動いている姿が記録されています。

このロビー展「写真で見るえべつの鉄道」は、無料で開放されおり(常設展示を見るには有料)、16ミリフィルムを閲覧するときは、職員に声をかける仕組みとなっています。

江別市郷土資料館ロビー展
「写真で見るえべつの鉄道」

場所 江別市郷土資料館(江別市緑町西1丁目38)
電話 011-385-6466
開催期間 2017年7月15日(土)~9月24日(日)
開館時間 9:30~17:00
休館日 毎週月曜日(祝日を除く)、7/18、8/15、9/19
入場無料(常設展は有料)
アクセスマップ・地図

・公共交通機関
バス停/中央バス「青年センター」下車徒歩2分
JR函館本線_江別駅より徒歩13分
・自家用車/厚別区(新さっぽろ駅)より約25分

【関連記事】「江別・野幌情報ナビ」より
【蒸気機関車?】コンビニ駐車場にブルーシートで覆われた謎の車両[北海道江別市文京台(大麻地区)]

【PR】
江別の楽しい情報満載!「みんな」が主役のブログサイト
江別市民ブロガーズ

【PR】
江別市の居住環境が分かる
WEBサイト「えべつのくらし」

江別市は、札幌市に近い 札幌のすぐ隣 電車で16分(札幌-野幌間、快速) 都市機能と自然環境が調和した住みよいまち江別市 江別(江別市役所)-新札幌(厚別区役所)間は一般道で19分、江別-岩見沢(岩見沢市役所)間は一般道で33分の距離です。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村

-イベント情報, 歴史

執筆者:

関連記事

ハンドメイド雑貨・工芸品イベント多数_芸術文化の香り高いまち【北海道江別市】2017.06.27現在

江別市は、札幌市に隣接し、都市機能と自然環境が調和した住みやすいまちです。発表や販売の場が多いことなども影響してか、ハンドメイド雑貨のイベント、クラフトマーケット、手作り品の展示販売などのイベントが数 …

#江別を食べよう・「気持ちのいい」食事をしてみる

「ルパン三世カリオストロの城」を何回も見る。ラスト近く、いつものメンバーが去った後、庭師のおじいさんが「なんと気持ちのいい連中だろう…」とつぶやく。 気持ちのいいひとと、気持ちのいい空間で素敵な食事が …

市民が利用できる「大学の出前講座」4つの大学の研究成果から61のメニュー【北海道江別市】

江別市では、大学の研究機能を発揮した協働のまちづくりを進めるため、地域活性化・地域課題解決の研究成果や大学の特色を活かしたテーマなど、市内大学の教員が地域に出向いて講座を実施する「大学版出前講座」を実 …

シティプロモートセミナー開催!

江別を気にかけてくれる人が、全国にいます。いつもは遠くにいても、近くに来た時は声をかけてくれる人…今回もまたひとり、宮崎から「行くよ!」の声。 せっかくの機会、みんなでいろいろお聞きしたら、江別がもっ …

祭りの後の「静けさ」もとい「忙しさ」

第15回こいのぼりフェスティバル、5月15日にこいのぼりの撤収が行われました 会場となった江別河川防災ステーションの紹介はこちら http://ebetsu-promote.net/blog/?p=3 …

Instagram

江別ブログランキング

アクセスカウンター

パワーストーン
今日占い 昨日カウンター